東京都歯科 歯医者 歯科医院 口コミ ランキング

 

インプラントとは?

以前は虫歯・歯周病・外傷などで歯を失ってしまった場合に、自分の歯の代わりに両隣の歯を削って義歯を支えるブリッジや入れ歯を入れる方法でしたが、インプラント治療とは
ブリッジや入れ歯に替わる治療方法です。
チタン製のネジのような形をした人工歯根を直接、アゴ骨に埋め込み土台を作りその上に

人工の歯を取り付ける事で見た目だけではなく、歯を失う前と近い状態で使う事ができるので入れ歯などでは食べにくかった物が食べられるようになります。

インプラントとは?画像

インプラントの構造

インプラントは“フィクスチャー”と呼ばれるチタン製の部品でネジのような形をした人工歯根、“アバットメント”と呼ばれるフィクスチャー同様に人工歯根の一部となるチタン製の部品、“上部構造”人工歯の3つのパーツから構成されています。

インプラント構造その1画像

“フィクスチャー”と“アバットメント”をインプラントと呼ぶこともあれば、
“フィクスチャー”のみをインプラントと言うこともあります。
基本的には手術は“フィクスチャー”を埋め込む時とアバットメントを取り付ける時の2回が必要ですがお口の状態によっては1回の場合もあります。

そして、上部構造である歯の部分をセラミックや金属で作ります。


インプラント構造その3画像インプラント構造その2画像

ページの先頭へ戻る

[PR]
大きくなったら二度と戻ることがない豊胸バストアップ法